次世代育成支援対策推進法
日本ハムシステムソリューションズ(株)第4期行動計画

2020年4月1日
日本ハムシステムソリューションズ株式会社

行動計画の主旨

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

令和2年4月1日~令和4年3月31日までの2年間

目標 1

毎年、自社の両立支援制度の利用状況、両立支援のための取組の成果等を把握し、改善点がないか検討する

対策
  • 各年 3月
    制度の利用状況、取組の成果について現状を把握
  • 各年 5月
    問題点や改善点の有無について社内検討委員会で検討
    (問題点があった場合)社内検討委員会で改善のための取組を検討し、実施する

目標 2

育児のための看護休暇(特別有給休暇)の取得率を次の水準とする
男性社員・・・1人平均1日以上
女性社員・・・1人平均3日以上

対策
  • 令和2年4月
    特別休暇の取得状況を把握
  • 令和2月5月
    取得率向上策を社内検討委員会で検討
  • 令和2年7月~
    制度の社内周知を図る
  • 令和3年3月
    制度の利用状況、取組の成果について現状を把握し改善実施

目標 3

年次有給休暇の取得日数を1人当たり平均年間10.5日以上とする

対策
  • 各年 3月
    年次有給休暇の取得状況を把握
  • 各年 3月
    労務管理要領に取得推進を明記し社内周知
  • 各年 4月
    各部署において年次有給休暇の取得計画を策定
  • 各年 4月~
    毎月取得状況を把握し、計画から大きく遅れがある者に取得を促すとともに取得を支援する