S.Yさん
2019年入社
ITサービス事業部 
 食肉事業サービス部

K.Mさん
2019年入社
日本ハム株式会社 
 IT戦略部へ出向中

S.Mさん
2019年入社
ITサービス事業部 
 品質保証サービス部

  • 皆さんは普段どんなお仕事をされていますか?

    S.Y:僕は食肉グループ各社が使うシステムの開発・改修業務を行っています。いわゆる上流工程といわれるもので、プログラミングというよりもシステムを通してお客様の仕事をどんな風に改善していくかを考えるのがメインの仕事になります。

    K.M:私は品質保証グループで、システムが正しく動くように整備をする運用・保守業務を行っていました。
    今は日本ハムのIT戦略部に出向になり、海外グループ会社の会計や業務データを日本に自動集約するシステムの開発やITに関するサポート全般を行っています。

    S.M:私は昨年までアプリ開発グループに所属して、システムの仕様を決める要件定義から運用・保守まで、システム開発に関する工程を一通りやっていました。
    今はK.Mさんと入れ替わりで品質保証グループに所属しているので、要件定義よりも開発やシステムの改修がメインのお仕事ですね。

  • 仕事のやりがいや楽しみはどんな時に感じますか?

    K.M:開発や改修を行ったシステムが完成したときは達成感がありましたね。ただ、締切りが迫ると達成感を感じるよりも期日に間に合った安心感の方がありましたけど。

    S.M:すごいわかる!期日に間に合った安心感はすごく感じるよね。
    私はシステムの要件定義から運用保守まで全部担っていたので、お客様からの質問にも回答していました。「自分で要件定義したシステムの開発も質問も全部自分でやる。」そんな一貫した対応ができたときはすごくやりがいがありました。

    S.Y:僕の仕事は現場からの「使いにくい」の言葉をもとに要件定義や改修を行うことが多いから、「システムが使いやすくなった」とか「改修してくれてありがとう」という言葉をもらうと、仕事してよかったなと思いますね。

  • 入社前と入社した後でギャップはありましたか?

    K.M:一年目は入社前後でギャップを感じたんですが、今は少しなくなってきたかな。
    学生時代は第二外国語でスペイン語を学んでいたのですが、語学力を活かすことなく全く別の人生を歩むものだと思ってたんです。今の業務ではその経験を活かせるなと思っています。

    S.Y:入社当時から海外関連の仕事したいって言ってたもんね!
    僕はひたすらPCに向き合ってキーボードを打っているイメージをもっていたんですが、お客様と会話しながら仕事をする事がほとんどなので、そこが想像していたのと違いますね。
    コロナ前は月に3~4回はお客様のところに出張していて、冗談ですが「会社にSさんの席作っておいたから!」って言っていただける関係になれました。

    S.M:私は就職活動をする中でシステム会社での働き方は色々なパターンを想定していたから、すごく大きなギャップはなかったですね。
    ただ、開発や運用とか各工程で担当が違うイメージだったので、「私が上流から下流まで担当するのか!」っていう驚きはありましたね。

  • 同期の仲が深まったきっかけはありましたか?

    S.Y:入社したての頃に1週間くらい近くのホテルに泊まり込んで、製造工場で働く研修があったのですが、それですね。

    S.M:立ち仕事で大変だったし、時間が進むのがすごく遅く感じたなあ。

    K.M:1週間だけとはいえ、入社後に工場研修があるのはシステム会社の入社後のギャップかもしれませんね。

    S.Y:この経験があったからこそ、工場の方がもっと働きやすくなるようにシステムを考えないとなって思いました。この気持ちが分かるようになるためにも、やっぱり現場にいかなきゃなと思います。

    S.M:そういう意味でも行けてよかったよね。

今後のキャリアプランや働き方について教えてください。

K.M:入社してから3回部署異動しているので、毎回入社1・2年目くらいの感覚で仕事をしてる気がします。なので将来のことを考えるより、目の前の仕事を覚えることに手一杯ですね。
S.Yさんは最初の配属から同じ部署にずっと所属しているから、業務経験も積めて、年数相応の実力がついてるんじゃないかなと思うんだけど?

S.Y:怖いパスが来ましたね。正直な話、何年経っても知らないことはたくさんあるし、まだまだだなって思うこともたくさんです。入社したての頃は「リーダーになって、活躍して・・・」と漠然としたイメージがあったんですが、現実はなかなか厳しくて、今は明確なビジョンはあんまり見えてないですね。

K.M:コロナをきっかけに在宅勤務できる環境が整ったので、結婚して子供とができたとしても「在宅勤務をしてもいいですか」って言いやすくなりました。以前なら状況によっては会社を辞めなくちゃって考える人もいたと思うんですけど、辞めないで続けられる選択が増えたかな。

出産後に育児休暇を取得して戻ってきてくれる女性社員は現状100%ですが、S.Yさんは育休取りたいと思いますか?

S.Y:先輩社員でも男性で育児休暇を取得されている方が複数いらっしゃいますよね。
僕もいつかは取りたいです。

  • ロールモデル、お手本としている人はいますか?

    K.M:先輩に「質問していいですか」って聞くと、いつでも手を止めて相談にのってくれるんですよ。後輩からしたら本当にありがたいし、憧れます。

    S.M:上司が仕事面だけじゃなくて、内面まで気づいて評価してくれるので、すごいと思います。そんな上司の部下になれてよかったし、勉強になります。
    上司としてだけでなく、人としてこういう人になりたいです。

最後に、皆さんの好きなニッポンハムグループの商品を教えてください。

S.M:日本ルナのIsey SKYR(イーセイ スキル)が好きです。
たんぱく質がたくさん取れるし、バニラ味がすごく甘くておいしいんですよ。大阪で勤務してた時にオフィスルナがあったので、よく食べていました。

S.Y:やっぱりシャウエッセンかな。
最近は色々な味が出てるんですけど、僕はオーソドックスなやつが好きで、友達の家で鍋パーティーする時に持っていくとすごく喜ばれます。味もおいしいし、一番好きな商品ですね。

K.M:私はシャウエッセンのホットチリとチキチキボーンですね。
ピリ辛くらいが好きなので、シャウエッセンはホットチリが好きです。チキチキボーンは大阪時代によく買っていて、お弁当に入れていました。個数も入っているからおかずになるし、簡単に食べられる手軽さも好きなところですね。

本日はどうも、ありがとうございました。

Other

 
ENTRY

「エントリー」はこちらから受け付けています。